【台湾】高雄の港町はカラスミ天国! ベジタリアンのための「菜食カラスミ」も食べてみた

dscn1334

前回の檳榔に続き、翌日。高雄といえばカラスミは外せまい。

フェリーで港町へ。カラスミ店がたくさん! 興奮するわー。

dscn1335

この色艶……。こんな野ざらしにされて欲望に勝てなくなったら困るんだけど。鷲掴みにしてむしゃむしゃしたい。

dscn1341

ぼらのへそ」もある。奥にいるのはオウム。

dscn1345

カラスミ好きのひろぽんとほくほく顔でお買い物。今すぐ食べたい!

dscn1351

ということで、海岸の公園まで歩いていって食べた。潮風に当たりながら食べるカラスミ最高。
こんなパックに入れられるとスナック感覚でいってしまいそうになるけど、塩分がすごいのでちびちびを心がける。帰りのフェリーでもちびちび、ホテルでもちびちび、結局一日中ちびちび食べてるから意味ないか。そして片手には常にビールという……高雄では「歩くプリン体摂取ロボ」となるわけです。

dscn1352

付け合せのニンニクと葉ニンニクと大根。ニンニクの量がすごい。
これどういう割合で食べればいいんだろ。カラスミ1かじりにつき1かじり? 生なんだぜ、このニンニク。
でも合うのでついついかじる。生なのに。

dscn1224

翌日、街なかのスーパーでへんなものを見つけた。ベジタリアンカラスミだ!
台湾には「素食」というベジタリアン的な食文化があって、動物性の食材を使わないレストランも沢山ある。
そういった人たちのためにカラスミに似せてつくったものらしい。

dscn1964

材料は緑豆と植物油。味の想像がまったくできない。
かなり興味深いブツですね。本物のカラスミは珍味の王様だけど、こっちのほうが珍味度は超えていると思う。

dscn1965

真ん中の線が取ってつけたようで泣けてくる。
固さはカラスミよりちょっと固いかも。

さて、味は!?

うーん、カラスミではないな。やっぱりあの濃厚さは豆では再現できまい。でもちゃんと頑張ってる感じではある。
おいしい塩味の豆のおつまみ。これはこれで別のものとしてうまい。
カロリーもプリン体も塩分も気にならないし、けっこうお腹にもたまるし、もちろんお酒のアテにもなるし、よいかもしれない。ダイエットにもよさそう。

以上、台湾高雄のカラスミ天国とベジタリアンカラスミでした。


【南房総】これが日本一短いトンネルです。そして目玉が飛び出るほど美味いチャーシュー弁当です

南房総市に日本一短いトンネルがある。

諸説あるけれど、鉄道トンネル以外ではここらしい。

DSCN9869

↑写真中央のがそのトンネル。

法華崎トンネルといって、かっこいい景色のなかにある。

DSCN9871

近づくと崩落防止の鉄骨で支えられていた。

DSCN9872

みじかっ。トンネルなのかこれは。

しかーし、グーグルマップではちゃんとトンネルになってる!

DSCN9874

浜の岩場の延長で登っていけてしまう。

DSCN9875

たまーに車が通るくらいで静か。

DSCN9876

ふたつの岩がちょっとした景勝地っぽい。

磯遊びによさそうだし、シュノーケリングもできそうだから夏に来てみたくなった。

DSCN9878

ベンチがある。ここを訪れた人は、座って海を眺めたり、短いトンネルを眺めたりして過ごすのだ。

以上、法華崎トンネルでした。

DSCN9880

この日はもうひとつかっちょいいトンネルを見てきた。

竹岡付近、左の白いアーチの奥にある。

DSCN9882

まずプロローグ的なトンネルがある。

DSCN9885

これは手掘りらしい。

DSCN9886

そのトンネルを抜けるとかっこいいのが出てくる。

DSCN9887

DSCN9888

後光が!
光の入り方が神秘的で、映像作家さんとかが使ったら異世界のような映像が作れそうって思った。

R0025013

へー、かっこいいな。

DSCN9889

DSCN9893

断面が麩菓子みたいだ。
これ全部手で掘ったのかと思うと気が遠くなる。

DSCN9897

麩菓子を抜けて階段を登ると神社がある。海も見えて見晴らしがいい。

DSCN9898

海だけでなく鉄道も見える。

DSCN9903

内房線の単線区間。

以上、竹岡の手掘りのトンネルでした。勝手に「房総2大隧道」に認定。

 

さて、トンネル巡りをしたらお腹がすいた。

DSCN9905

来たよ!来たよ!

としまや弁当に。

DSCN9907

チャーシュー弁当は、としまやの看板メニューを通り越して房総のソウルフードといってもよいかもしれない。

別名「キムタクと静香の弁当」。

ふたりでサーフィンをしに来たときに食べたら死ぬほどおいしかったらしく、キムタクのお気に入りになったことからこう呼ばれている。

DSCN9908

色とりどりの弁当。夢の国かよ。

DSCN9909

見よ、あれがチャーシュー弁当だ。

DSCN9910

DSCN9911

心はチャーシュー弁当に決めているのに、心惑わす名前の弁当がちらほらあって邪魔をする。

DSCN9912

みどりのかばは、トレードマーク。

勝手にオリジナルグッズ作りたい。

DSCN9916

じゃじゃーん。普段いいもん食ってるであろうキムタクも唸らせたチャーシュー弁当がこちら。

DSCN9917

やばい、目玉が飛び出てフロントガラス割れるくらいおいしい。
肉が・・・とろける。そしてこのしょっぱさは海から上がって食べたらたまらないだろうな。セレブのキムタクでも感動したのがわかる。

これ買うためだけに房総半島の下の方まで行くのもアリなくらいおいしいです。

 

以上、南房総ルンルン散歩でした。


台湾

台湾(高雄市)にいってました。

468518.LINE

昼間は25度くらいあって半そで短パンでちょうどいいけれど、日が沈むとまあまあ寒い。
のんきにビール飲んでたら、twitterを見た友だちから「東京は初雪なので腹たつ」というリプが飛んできた。帰りたくねー。

DSC_0021

着いてすぐ食べたタンツー麺。沁みた〜〜〜〜。空腹だった(LCCは機内食が出なくてご飯を食べ損ねがち)のも手伝ってやばかった。
にんにくが利いていてちょっと二郎みたい。

DSC_0025

豚足もプルンプルンでおいしかったな〜。

台湾に到着してすぐデビッドボウイの訃報が・・・
映画ラビリンス(30年前)から好きで、ずっと聴いてきたのでめちゃくちゃショック。今までのスターの訃報で一番ショック。

次の日はスマップの解散騒動。
前回高雄にいったときは福山が結婚した。そのため色んな人に「ほそいが台湾にいくと大きい芸能ニュースが起こる」と言われた。偶然だから。

ニュースではビストロSMAPの映像が流れていた。

468657.LINE

なぜかずっとこの映像の繰り返しでした。

DSC_0049

 

次回台湾にいくときは、ボウイが生き返るニュースが流れてほしい。


高知エクストリーム体験レポ

■ 日本一の透明度を誇る清流でSUP体験&土佐の珍味に溺れた2日間
http://www.attaka.or.jp/kochi-extreme/report/2015/06/post-15.html

濃すぎた2泊3日をむりやり写真60枚にまとめたレポートです。

高知はそこらへんで売ってる食べ物もおいしいし、食材もやすくて豊富。
自然がたくさんで街も楽しい。
高知に住むのもアリかなとまじめに考えてしまった。

016

002

033

010

054

ちなみに、こういう企画です。他のブロガーさんのレポも超面白いからぜひ読んでみてください!
http://www.attaka.or.jp/kochi-extreme/report/2015/06/post-17.html


雄蛇ヶ池(おじゃがいけ)・勝浦ビッグひな祭り

東金出身の友達と、「一日かけて千葉を巡ろう」ということになった。

とりあえず、東金市にある「雄蛇ヶ池」にいってみようということに。
80年代に「オジャッシー」という怪奇生物が現れて話題になった貯水池、といえばわかる人にはわかるかも。
千葉日報が大々的に「雄蛇ヶ池に謎の怪奇生物あらわる!」と記事を打ってウワサが駆け巡ったのだ。
結果的にそれは、コケムシの群体だったのだけど。
R0025046

アオコだらけで汚いよ〜と聞いていたけれど、冬だったので発生していなかった。
もしかすると水質も改善してきているのかな?
見た感想は「キレイじゃん」「むしろ風光明媚」だった。
近所にこんなところがあったら結構よいと思う。

バス釣りで有名らしく、釣り人がちらほらいた。
R0025048

一周4キロ弱らしいので、まわってみた。
R0025056

ほんとうに、ふつうの山のよう。
軽いアップダウンがあるけど、道はかろうじて舗装されている。
水の流れがあったり、弁当をひろげられそうな休憩スペースもある。ちょっとしたハイキングになった。
R0025058

見どころは野鳥らしい。あんまり会えなかったけど、水辺にはサギやカモがいてかわいい。
アオジ、ショウビタキ、ヨシキリがいた。
R0025065

本当にふつうに山です。
早歩きで、1時間くらいで一周しました。
R0025070

すっかりお腹も空き、東金の「ぐうラーメン」へ。

待たずに入れたけど、それは運がよかったようで、その後みるみる行列に。
外房にはラーメン屋がたくさんあるけど、雑誌の外房ラーメンランキングで一位をとったこともあるそう。むかしからずっと行列のできる店というのもすごい。
ラーメンは見た目は「竹岡式ラーメン」のようだけど、味は似ても似つかな……
いかどうかは、竹岡式食べたことないからわからない。すいません。
でも、おいしかったです。
1795267_10151925766340785_932253478_o

その後友達のご実家におじゃまし、お母様に東金のイチゴ(水分が多く酸味がないのが特徴)をごちそうになり、再度ドライブへ。
館山のピネキのピーナッツソフト(そんなに落花生たべない千葉県民のあいだで「これはウマイ」と評判)を目指し向かったものの、途中の勝浦で「ビッグひな祭り」の案内看板が現れはじめ「あ〜そういえばそんなのあったねえ」と行き先変更。
1796706_10151925766280785_1988180834_n

千葉にしては有名なほうのイベントで、ネットの記事や、テレビ(おもにNHKニュース7の最後に竹田アナが抑揚たっぷりにお伝えするやつ)で何度もみてきたけど、実物を目の前にするとやっぱりすごい。
おとなもこどもも楽しめると思う。
R0025078

休日には朝一をやったりしている商店街だけど、今日はいちだんと人出がある。
外灯ごとに人形がいたり、ふとみればどのお店もひな祭りキメていた。
R0025086

でかいのとか
R0025087

民家の階段を有効活用してるのとか
R0025091

それにしても人形の生産地とかならわかるけど、なんで勝浦でひな人形?と思ったら、公式サイトには

全国勝浦ネットワークの縁により、徳島県勝浦町よりおよそ7,000体のひな人形を里子として譲り受け、ここ千葉勝浦でも「かつうらビッグひな祭り」が開催されます。

とあった。勝浦つながりかー。全国勝浦ネットワークなのかー。
R0025093

雑誌のしたからこんにちは
R0025094

千葉駅からずっと運転してくれた友達ありがとう。
やっぱり房総はヘンなところだな。

次回はこりずに南房総市のレポートです。


  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >