【台湾】うまい!やすい!楽しい!台北の「松江自助火鍋城」は良いところだよ

こんにちはほそいです。

昨夏にいった台湾で、楽しさはんぱない鍋を食べたことをかきます。

台湾で鍋といえば「臭臭鍋(ちょうちょうなべ)」、臭豆腐とかを煮る鍋が有名だけど、これはクセもなく日本人の口にもとても合うのでご安心ください。

台北の行天宮の交差点のとこにある火鍋屋。
何度か前を通りかかって気になっていたのだけど、海外で鍋ってなんとなくハードル高そうで(勝手がわからなそうで)挑戦したことがなかったのです。

めっちゃ並んでる。

ガラス越しに人々の様子を観察するとみんなおいしい!愉快!という顔をしていた。よし、入ってみよう。

並んでいる時点で店員さんが人数と肉の種類をきいてくる。羊と豚で、みたいに答える。

火鍋って四川の赤いイメージあるけど、みんなの前にある鍋は水炊きのような淡白な色をしていた。

それにしてもすごい熱気!

席に通されたら、各々ケースから具材を取ってくる。これが自助(バイキング)火鍋のスタイル。

値段表。35元からあって、一人前の肉が60元(180円くらい)。牡蠣とかの海鮮は100元。めちゃ楽しい。

回転寿司みたいに皿の色で会計する。

私たちが具材をチョイスしている間に、店員さんがお鍋の準備をしてくれる。肉や一部の具を炒めてからスープを入れていた。

鍋にいれるのもはじめてだし、イマイチだったら齧っていようと持ってきたスルメ。

入れようとしたら、やおら知らないおじちゃんが奪って持っていってしまった。

没シュートされたスルメを目で追うと、別の鍋で炒められていた。エプロンしてなかったから店員さんとわかんなくて、変な人に略奪されたのかと思って焦ったやん。

どうやらスルメは先に鍋で炒めて香りをつけるのに使うらしい。これをいれるといれないのではスープの香りが違うよとのこと。

炒めた油とイカを私たちの鍋に戻してくれた。このために新しい鍋をひとつ使わせてしまってすいませんの気分。

さて、ここからがメインイベントである。

タレを自分で作る作業、これが一番楽しい。

タレコーナーには絶対旨いだろというそうそうたるメンバーが揃っている。

鍋自体はほとんど味がないので、ここでのタレ制作は味を決める重要な作業となる。精神を集中させてベストなミックスを完成させよう。

ここの沙茶醤(右)がサイコーに旨くてがぶ飲みできるレベル。ベースにした上でパクチーとにんにくとネギとごま油、なんてほんとに美味しかったな。生唐辛子もいいけどスペシャル辛いので鍋の味がわからなくなります。

もはやタレじゃなくてちょっとしたサラダ。
パクチー入れ放題はやばいぜ! ネギとにんにくもばんばん入れてやったぜ!

鍋のほうもいい感じに煮えてきた。

有象無象のダシが溶け込んだスープは旨味が爆発している。

カニボールみたいなやつ。フワフワでタレをよく含んでめちゃ旨いやん!
事あるごとに「練り物系って食べる意味がない」とひどいdisり方をしてきた人生だったけど、練り物に今までのことを謝りたくなった。

台湾の人はよく牡蠣を食べる。食堂のスープのメニューにも、屋台にも、牡蠣が必ずといっていいほどあって、気軽に食べることができる。粒が小さいのも、敷居の低い牡蠣食文化を象徴しているように思う。

タレにどーん。そんな小粒の牡蠣だけど、懐を気にせず牡蠣を頬張れるよろこびは変わらない。

飲み物もセルフ。熱気がすごくてのど乾くので、大きいペットボトルがあるのはコスパもよくて助かる。

油切烏龍というお茶、日本の黒烏龍茶みたいなものかな。カロリー精算した気になれるのでおすすめ。

最後はスープに春雨をいれて食べると、旨味を全部吸った春雨スープのできあがり。

以上、松江自助火鍋城でした。

一度目は一人900円で腹八分目、二度目は2000円でお腹はち切れた。食べてる人がみんな楽しそうにしていて、実際楽しい店です。いつも本当に気に入ってる店は混むとヤなのでレポ書かないけど(笑)、海外だから書いてみましたよ。

 

http://4travel.jp/overseas/area/asia/taiwan/taipei/restaurant/10423295/


分娩台トーク

友達とのLINEを遡っていたら、お産の実況が出てきた。「今からいきむよー」って…俺楽しそうやな

途中で朝ドラも観れたし、スマホ便利。


【台湾】ネコだらけの駅、猴硐(ホウトン)猫村でネコにまみれてきた

DSCN2060

台北駅から電車で35分くらいの「ホウトン駅」は、猫まみれの駅として有名で、海外からも猫好きが来るらしい。

わざわざ猫めあてに海外から行かなくったって・・・自国にだって猫くらいいるだろうに・・。猫好きって暇な奴ばっかしで呆れる。

とりあえずどんな所か行くだけ行ってみた。

DSCN2043

台鉄に乗るので、台鉄弁当を購入せねばな。

DSC04212

ついた。思ったより山奥に来てしまった感。

DSCN2091

駅自体が猫を全面に押し出している。

日本にも猫のいる駅はあるけど、もっとひっそりと猫を謳ってるイメージがある。

DSCN2045

港町ではないけれど、浮きネコ。

DSCN2046

等間隔に猫トイレが設置されている。人間のトイレより多い。

DSCN2049

駅の構内が猫仕様。駅まるごとキャットウォークになってる。

DSCN2047

ぬるま湯生活を送る猫が、等間隔に寝ている。

DSCN2048

観光客のみなさんに媚びることもせず、触られても寝ることを続ける。

衣食住に不満がなく孤独でもない猫」にありがちな特徴である。

DSCN2051

駅のような猫カフェのような場所なのだった。

DSCN2052

巨大キャットウォークを外から見るとこんな。
この中では猫がのんきに寝たりごはん食べたりうんこしたりしてるのです。

DSCN2103

遊び心のある通路を経て改札を出てみると、重厚感のある駅舎だったことを知る。

DSCN2139

あ、日暮里にもこんな地図あったぞ。(日暮里駅にはにゃっぽりという猫キャラがいて案内係をしている)

DSCN2118

駅の周りは山あり川あり。台北の喧騒から離れられるのも気分転換になりますね。

DSCN2117

「廃虚も楽しめる」と案内されているが、廃虚を通り越して残骸っぽいやつもある。

DSCN2060

お待たせいたしました。駅を出て階段をのぼっていくと、猫いっぱいいます。

IMG_-vbg6xz

ほとんどの猫が触らせてくれる。

DSC_0232

ネコ

DSCN2057

ネコネコ

DSCN2053

ネコ

DSC04240

写真の順番待ちをする俺。

DSC04235

DSCN2055

DSCN2054

なかなか人懐こい。飼われているのも、そうでないのもいるみたい。
飼い猫と野良猫のグレーゾーンに属する者がほとんどのような気がした。日本でもそんな感じの猫は多いけれど。

私は猫を愛でる人を眺めるのも好きなので、みんな笑顔でカメラを向けたり撫でたりしてるのも見れてよかった。あまり人が来なくて猫を独り占めできる場所もいいけど、人が大勢集まる猫スポットも良さがある。ここに来る人に悪い人間はいないみたいな錯覚が起きる(笑)

DSCN2078

台鉄弁当をあっさり見抜かれた。

DSCN2069

いっぽうで、犬はがっちり自由を奪われていた。台湾はふらふらしてる野良犬もけっこういるけど、観光地のせいか繋がれている犬が多い気がした。

DSCN2070

猫は本当にうまくやってる生き物だ。

DSCN2071

壁に描かれた絵もアートしてる。かわいい雑貨も多い台湾、ちょっとしたところにセンスがちらほらと見え隠れしている。

DSCN2073

カフェや雑貨屋もあって、店の中にもナチュラルに猫が入ってゆく。

DSCN2074

おしゃれな猫ギャラリー兼カフェ。猫ビールもあった。

DSCN2084

猫のテーマパークといってもいいかもしれない。暑いのと階段が多いのでけっこうつかれるけどね。

DSCN2086

メシじゃ! 猫の攻撃を避けながら。

DSCN2087

茶色〜〜い、おいし〜〜い。
ビールはここでヒエヒエの売ってます、35元くらいで。

DSCN2090

駅の反対側に出てみた。観光地っぽいぞ。

DSC04280

猫もしっかりいるけど。

DSCN2102

無警戒にもほどがある。

DSCN2129

カフェ。人が席を立つと奪う。

DSCN2130

なにか問題でも?の顔を向けてきて憎々しい。

DSCN2119

おみやげやさんでも堂々と昼寝をしていた(どこでしょう)。

DSCN2123

何か問題でも?の顔を向けてきて憎々しい。

DSCN2105

DSC04282

DSCN2106

DSCN2112

DSCN2116

猫と遊びすぎて猫というものがゲシュタルト崩壊してきたので、帰ります。

DSCN2092

トイレもこの有り様!

DSCN2137

個室にはそれぞれ違う猫の写真が飾られていたよ。

DSCN2100

男子トイレも猫をみながらションベリングできる仕様になっていた。

DSCN2094

今日はこの子の所にしよう!みたいに用を足すのか。

DSCN2148

以上、猴硐猫村でした。

猫好きならべらぼうに充実感のある一日が過ごせるスポットだと思うので、台北からちょっと遠出する甲斐はあると思う。

(ちなみに↑は九ふんの猫です。まあどこにでも猫が大きな顔して居る国です)