アチャールと鶏の半身揚げ

ここ一ヶ月も更新してなかった。
最近の記事の紹介でもしておきます。

■ スパイス炸裂の濃い~味がくせになる…! インドの漬け物「アチャール」をつまみにビールを飲んだら、最高の夏がやってきた

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/hosoi/4144

アチャールがどういうものがわからない人も多いのではと思うけれど、知って食べて損はない料理ですな。本当にお酒が捗るのです。
我が家では本格インド料理の本というのを買ったらレシピが載ってたので作り始めました。

 

■ 小樽名物・鶏の半身揚げってこんなに旨いのか…!五反田「なるとキッチン」で鶏肉まみれになったら美味しすぎて罪の意識が芽生えてしまった

http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/013312

ここはぐるなびの編集部の方からいってみてほしいと提案をいただきました。サイトを見てかなりよさげな印象を受けたので友人を誘っていったけど、予想を上回る満足感。提案してくださったNさんに感謝。
子が生まれてから一人でお店を訪ねることが増えたけど、こういう店は大勢でいったほうが楽しい! 居酒屋に赤ちゃん連れていくのは気が引けたけど、ここは全面禁煙・子連れ可で、子連れ客に対する店員さんの気遣いもありがたかった。もっとこういうスタイルの居酒屋さんが増えるといいな。


ヨトウムシのチャーハン

 

ある日の一人のお昼どき。何を食べようかと冷蔵庫をあけた。卵くらいしかない。

冷凍庫には冷凍ごはんと、ジップロックに入った黒い物体。

ヨトウムシだった。

去年の10月、友達が子どもたちの芋掘り畑を派手に荒らすので困り果てていたのを、捕まえて送ってもらったやつだ。

捕まえても捕まえても減らず、夜な夜なさつまいもの葉っぱを食い荒らす「夜盗」虫らしい。

他のお母さんたちも捕獲に協力してくれたらしく箱で届いた(品名がプロテインになっているのは友人がボディビルやってるから。そう、虫は高たんぱく低脂質で筋トレにもってこいだよ)。

 

ということでヨトウムシクッキングの様子を記しておく。

箱の中にはサツマイモの葉。輸送中もずっと食べ続けていたらしく、元気。

葉っぱと虫を分ける作業が少し大変だった。

逃げ足が速くすぐ脱走するので注意が必要だが、刺したりしないので扱いやすい。

洗って、生きたまま茹でる。身が少し縮む。

食べてみると、サツマイモの味がする!

プチっとした歯ごたえ、臭みとかはなし。サツマイモの葉っぱをむしゃむしゃ食べている虫はうまいということがわかった。直前まで葉っぱ食べてたので中身はほぼ葉っぱなのではないか。そこにたんぱく質やアミノ酸が加わって、完全栄養食となっている。

昆虫食の専門家に「味は100点中40点くらい」と聞いていたけど私的には80点をあげたい。80点というのは他にもっとおいしい虫を経験しているからで、食べ物全体でいえばもっと高評価である。

チャーハンの具にもよし。

ごま油の香りが加わるとまた香ばしい。良質な栄養もとれて、食感も楽しいチャーハンに。

チーズとも合う。

汎用性の高い虫なので一年中冷凍庫に常備しておきたい。

以上、ヨトウムシクッキングでした。今年の秋も手に入るといいのだが。