楽しかった東海旅行

豊橋〜岡崎〜浜松あたりにいってきました。

まずは、豊橋の友人ロールちゃんのところへ。にばんめの子が生まれたので会ってきました。

子どもらと戯れる。保育園状態で面白かった。

 

その後岡崎へ。珍妙なホテルにチェックインして、東岡崎駅の「龍のおとし子」でろんすた夫妻と合流。

連れていってもらったのは二回目だけど、めちゃくちゃうまいんですわここ

■ 海鮮 居酒屋 龍のおとし子 東岡崎店」水産会社直営のお店だから刺身が新鮮で安くて美味しい!

http://岡崎.net/tatsunootoshigo/

まずこの刺し盛りが880円。なんということでしょう。
右のはシイラ、ちょっと珍しい。お刺し身、新鮮でうまかったです。

あら煮。多い。

今回も一番感動したのは「アカエイの肝」。レバ刺しっつーかフォアグラっつーか、とにかくねっとりしてて果てしないコクが舌にまとわりつく。そして全然臭みがない。自分の中の、珍味感動度を記録する仮装大賞のゲージがみたいなのがピルルルルル〜と上がっていくのを感じる。

なぜかこの日は貸し切り状態。一番奥の座敷で落ち着けた。わたしらが飲んでうまいもの食べてる間、赤ん坊は座布団に転がりおとなしくあそんでいた。

翌日は岡崎イオンのTip Topという喫茶店でモーニング。無料のやつはトースト一枚とサラダのよくあるタイプだったので、+220円の和風モーニングにしてみた。このセットの何が嬉しいって朝から赤出汁のめることですね。岡崎だしね。

このあと、イオンの向かいにあるスーパー銭湯「葵の湯」でひとっ風呂あびる。公共浴場にはよくいくけれど、スーパー銭湯はひさしぶり・・・関東のスー銭はおむつの取れてない赤ちゃんは入れないところが多いけど、こっちは大丈夫ということに驚いた。しかもベビーバスチェアが常備してあるのでゆっくり髪も洗える(嬉)。

ろんすた夫妻が葵の湯にお見送りに来てくれた。別れを告げて帰路についた。

 

途中、浜松の楽器博物館へ。

一面のガムラン!

ストローバイオリンとかいう変なやつ。ストローはあのストローのことではなく、ストローさんという人が考えたのだそうです。

ホーンテッドマンションみたいなピアノや、

なんかすごいのとか、

かわいいやつをみました。
とても楽しかったけど、わずかな触れるコーナーを除いて展示楽器に触れられないのが生殺し状態です。

 

そしてそして、憧れの「さわやか」へ!

牛が肉を見詰める鉄板でいただきます。

うめえ〜。ハンバーグだけどステーキみたいな肉質なんですね。ソースは置いていってもらって、最初は塩こしょうで食べたら肉の味がよくわかった。俵型ハンバーグのチェーンではビッグボーイがぴかいちかなあと思ってたけど、ちょっとマイ俵型ランキング更新されたかも・・・

そういえば10年前にこんなことしてたな(懐)
■ 俵型ハンバーグを食べ歩く
http://portal.nifty.com/2007/08/03/c/

 

以上、充実した東海旅行だった。

興奮しすぎたせいか、このあと家族全員体調を崩した。


 

最近書いたやつメモ。

■ 【レバー好きに朗報】究極にうっまいレバー思う存分食べたくなったら、この3軒に行っとけば間違いないよ

http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/013321

 

■【ついに決定】アヒージョが一番おいしくなる塩辛はどれ? いろんな塩辛で試してみました

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/hosoi/4213

 


アチャールと鶏の半身揚げ

ここ一ヶ月も更新してなかった。
最近の記事の紹介でもしておきます。

■ スパイス炸裂の濃い~味がくせになる…! インドの漬け物「アチャール」をつまみにビールを飲んだら、最高の夏がやってきた

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/hosoi/4144

アチャールがどういうものがわからない人も多いのではと思うけれど、知って食べて損はない料理ですな。本当にお酒が捗るのです。
我が家では本格インド料理の本というのを買ったらレシピが載ってたので作り始めました。

 

■ 小樽名物・鶏の半身揚げってこんなに旨いのか…!五反田「なるとキッチン」で鶏肉まみれになったら美味しすぎて罪の意識が芽生えてしまった

http://r.gnavi.co.jp/sp/g-mag/entry/013312

ここはぐるなびの編集部の方からいってみてほしいと提案をいただきました。サイトを見てかなりよさげな印象を受けたので友人を誘っていったけど、予想を上回る満足感。提案してくださったNさんに感謝。
子が生まれてから一人でお店を訪ねることが増えたけど、こういう店は大勢でいったほうが楽しい! 居酒屋に赤ちゃん連れていくのは気が引けたけど、ここは全面禁煙・子連れ可で、子連れ客に対する店員さんの気遣いもありがたかった。もっとこういうスタイルの居酒屋さんが増えるといいな。


ヨトウムシのチャーハン

 

ある日の一人のお昼どき。何を食べようかと冷蔵庫をあけた。卵くらいしかない。

冷凍庫には冷凍ごはんと、ジップロックに入った黒い物体。

ヨトウムシだった。

去年の10月、友達が子どもたちの芋掘り畑を派手に荒らすので困り果てていたのを、捕まえて送ってもらったやつだ。

捕まえても捕まえても減らず、夜な夜なさつまいもの葉っぱを食い荒らす「夜盗」虫らしい。

他のお母さんたちも捕獲に協力してくれたらしく箱で届いた(品名がプロテインになっているのは友人がボディビルやってるから。そう、虫は高たんぱく低脂質で筋トレにもってこいだよ)。

 

ということでヨトウムシクッキングの様子を記しておく。

箱の中にはサツマイモの葉。輸送中もずっと食べ続けていたらしく、元気。

葉っぱと虫を分ける作業が少し大変だった。

逃げ足が速くすぐ脱走するので注意が必要だが、刺したりしないので扱いやすい。

洗って、生きたまま茹でる。身が少し縮む。

食べてみると、サツマイモの味がする!

プチっとした歯ごたえ、臭みとかはなし。サツマイモの葉っぱをむしゃむしゃ食べている虫はうまいということがわかった。直前まで葉っぱ食べてたので中身はほぼ葉っぱなのではないか。そこにたんぱく質やアミノ酸が加わって、完全栄養食となっている。

昆虫食の専門家に「味は100点中40点くらい」と聞いていたけど私的には80点をあげたい。80点というのは他にもっとおいしい虫を経験しているからで、食べ物全体でいえばもっと高評価である。

チャーハンの具にもよし。

ごま油の香りが加わるとまた香ばしい。良質な栄養もとれて、食感も楽しいチャーハンに。

チーズとも合う。

汎用性の高い虫なので一年中冷凍庫に常備しておきたい。

以上、ヨトウムシクッキングでした。今年の秋も手に入るといいのだが。