【台湾】うまい!やすい!楽しい!台北の「松江自助火鍋城」は良いところだよ

こんにちはほそいです。

昨夏にいった台湾で、楽しさはんぱない鍋を食べたことをかきます。

台湾で鍋といえば「臭臭鍋(ちょうちょうなべ)」、臭豆腐とかを煮る鍋が有名だけど、これはクセもなく日本人の口にもとても合うのでご安心ください。

台北の行天宮の交差点のとこにある火鍋屋。
何度か前を通りかかって気になっていたのだけど、海外で鍋ってなんとなくハードル高そうで(勝手がわからなそうで)挑戦したことがなかったのです。

めっちゃ並んでる。

ガラス越しに人々の様子を観察するとみんなおいしい!愉快!という顔をしていた。よし、入ってみよう。

並んでいる時点で店員さんが人数と肉の種類をきいてくる。羊と豚で、みたいに答える。

火鍋って四川の赤いイメージあるけど、みんなの前にある鍋は水炊きのような淡白な色をしていた。

それにしてもすごい熱気!

席に通されたら、各々ケースから具材を取ってくる。これが自助(バイキング)火鍋のスタイル。

値段表。35元からあって、一人前の肉が60元(180円くらい)。牡蠣とかの海鮮は100元。めちゃ楽しい。

回転寿司みたいに皿の色で会計する。

私たちが具材をチョイスしている間に、店員さんがお鍋の準備をしてくれる。肉や一部の具を炒めてからスープを入れていた。

鍋にいれるのもはじめてだし、イマイチだったら齧っていようと持ってきたスルメ。

入れようとしたら、やおら知らないおじちゃんが奪って持っていってしまった。

没シュートされたスルメを目で追うと、別の鍋で炒められていた。エプロンしてなかったから店員さんとわかんなくて、変な人に略奪されたのかと思って焦ったやん。

どうやらスルメは先に鍋で炒めて香りをつけるのに使うらしい。これをいれるといれないのではスープの香りが違うよとのこと。

炒めた油とイカを私たちの鍋に戻してくれた。このために新しい鍋をひとつ使わせてしまってすいませんの気分。

さて、ここからがメインイベントである。

タレを自分で作る作業、これが一番楽しい。

タレコーナーには絶対旨いだろというそうそうたるメンバーが揃っている。

鍋自体はほとんど味がないので、ここでのタレ制作は味を決める重要な作業となる。精神を集中させてベストなミックスを完成させよう。

ここの沙茶醤(右)がサイコーに旨くてがぶ飲みできるレベル。ベースにした上でパクチーとにんにくとネギとごま油、なんてほんとに美味しかったな。生唐辛子もいいけどスペシャル辛いので鍋の味がわからなくなります。

もはやタレじゃなくてちょっとしたサラダ。
パクチー入れ放題はやばいぜ! ネギとにんにくもばんばん入れてやったぜ!

鍋のほうもいい感じに煮えてきた。

有象無象のダシが溶け込んだスープは旨味が爆発している。

カニボールみたいなやつ。フワフワでタレをよく含んでめちゃ旨いやん!
事あるごとに「練り物系って食べる意味がない」とひどいdisり方をしてきた人生だったけど、練り物に今までのことを謝りたくなった。

台湾の人はよく牡蠣を食べる。食堂のスープのメニューにも、屋台にも、牡蠣が必ずといっていいほどあって、気軽に食べることができる。粒が小さいのも、敷居の低い牡蠣食文化を象徴しているように思う。

タレにどーん。そんな小粒の牡蠣だけど、懐を気にせず牡蠣を頬張れるよろこびは変わらない。

飲み物もセルフ。熱気がすごくてのど乾くので、大きいペットボトルがあるのはコスパもよくて助かる。

油切烏龍というお茶、日本の黒烏龍茶みたいなものかな。カロリー精算した気になれるのでおすすめ。

最後はスープに春雨をいれて食べると、旨味を全部吸った春雨スープのできあがり。

以上、松江自助火鍋城でした。

一度目は一人900円で腹八分目、二度目は2000円でお腹はち切れた。食べてる人がみんな楽しそうにしていて、実際楽しい店です。いつも本当に気に入ってる店は混むとヤなのでレポ書かないけど(笑)、海外だから書いてみましたよ。

 

http://4travel.jp/overseas/area/asia/taiwan/taipei/restaurant/10423295/


猫と粥

年末に遊びに来たろんすたさんがビッキーをかわいく撮ってくれました。


毎日見てる飼い猫だけど、友達に撮ってもらうと新鮮。新鮮ネコ。
c1kaoc6vqaqovan

昨日は春の七草デーでしたね。
ネコ草粥ではなく七草粥、我が家もちゃんと食べました。七草粥を食べるといつも、日本って慎ましやかな国だなとしみじみ思います。

 

 

ここで「三つ葉の一草粥」のススメです。お茶漬けだけど。

■ 年末年始の疲弊した胃腸にしみじみ美味い!新橋「鹿火矢」のお茶漬けはランチにも飲みの〆にもぴったり
http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/hosoi/3751

20161128234441

みなさんの2017年が素晴らしい年になりますように。

 

 

czi3vcyueaayw67


【台湾】高雄の港町はカラスミ天国! ベジタリアンのための「菜食カラスミ」も食べてみた

dscn1334

前回の檳榔に続き、翌日。高雄といえばカラスミは外せまい。

フェリーで港町へ。カラスミ店がたくさん! 興奮するわー。

dscn1335

この色艶……。こんな野ざらしにされて欲望に勝てなくなったら困るんだけど。鷲掴みにしてむしゃむしゃしたい。

dscn1341

ぼらのへそ」もある。奥にいるのはオウム。

dscn1345

カラスミ好きのひろぽんとほくほく顔でお買い物。今すぐ食べたい!

dscn1351

ということで、海岸の公園まで歩いていって食べた。潮風に当たりながら食べるカラスミ最高。
こんなパックに入れられるとスナック感覚でいってしまいそうになるけど、塩分がすごいのでちびちびを心がける。帰りのフェリーでもちびちび、ホテルでもちびちび、結局一日中ちびちび食べてるから意味ないか。そして片手には常にビールという……高雄では「歩くプリン体摂取ロボ」となるわけです。

dscn1352

付け合せのニンニクと葉ニンニクと大根。ニンニクの量がすごい。
これどういう割合で食べればいいんだろ。カラスミ1かじりにつき1かじり? 生なんだぜ、このニンニク。
でも合うのでついついかじる。生なのに。

dscn1224

翌日、街なかのスーパーでへんなものを見つけた。ベジタリアンカラスミだ!
台湾には「素食」というベジタリアン的な食文化があって、動物性の食材を使わないレストランも沢山ある。
そういった人たちのためにカラスミに似せてつくったものらしい。

dscn1964

材料は緑豆と植物油。味の想像がまったくできない。
かなり興味深いブツですね。本物のカラスミは珍味の王様だけど、こっちのほうが珍味度は超えていると思う。

dscn1965

真ん中の線が取ってつけたようで泣けてくる。
固さはカラスミよりちょっと固いかも。

さて、味は!?

うーん、カラスミではないな。やっぱりあの濃厚さは豆では再現できまい。でもちゃんと頑張ってる感じではある。
おいしい塩味の豆のおつまみ。これはこれで別のものとしてうまい。
カロリーもプリン体も塩分も気にならないし、けっこうお腹にもたまるし、もちろんお酒のアテにもなるし、よいかもしれない。ダイエットにもよさそう。

以上、台湾高雄のカラスミ天国とベジタリアンカラスミでした。