【台湾】ネコだらけの駅、猴硐(ホウトン)猫村でネコにまみれてきた

DSCN2060

台北駅から電車で35分くらいの「ホウトン駅」は、猫まみれの駅として有名で、海外からも猫好きが来るらしい。

わざわざ猫めあてに海外から行かなくったって・・・自国にだって猫くらいいるだろうに・・。猫好きって暇な奴ばっかしで呆れる。

とりあえずどんな所か行くだけ行ってみた。

DSCN2043

台鉄に乗るので、台鉄弁当を購入せねばな。

DSC04212

ついた。思ったより山奥に来てしまった感。

DSCN2091

駅自体が猫を全面に押し出している。

日本にも猫のいる駅はあるけど、もっとひっそりと猫を謳ってるイメージがある。

DSCN2045

港町ではないけれど、浮きネコ。

DSCN2046

等間隔に猫トイレが設置されている。人間のトイレより多い。

DSCN2049

駅の構内が猫仕様。駅まるごとキャットウォークになってる。

DSCN2047

ぬるま湯生活を送る猫が、等間隔に寝ている。

DSCN2048

観光客のみなさんに媚びることもせず、触られても寝ることを続ける。

衣食住に不満がなく孤独でもない猫」にありがちな特徴である。

DSCN2051

駅のような猫カフェのような場所なのだった。

DSCN2052

巨大キャットウォークを外から見るとこんな。
この中では猫がのんきに寝たりごはん食べたりうんこしたりしてるのです。

DSCN2103

遊び心のある通路を経て改札を出てみると、重厚感のある駅舎だったことを知る。

DSCN2139

あ、日暮里にもこんな地図あったぞ。(日暮里駅にはにゃっぽりという猫キャラがいて案内係をしている)

DSCN2118

駅の周りは山あり川あり。台北の喧騒から離れられるのも気分転換になりますね。

DSCN2117

「廃虚も楽しめる」と案内されているが、廃虚を通り越して残骸っぽいやつもある。

DSCN2060

お待たせいたしました。駅を出て階段をのぼっていくと、猫いっぱいいます。

IMG_-vbg6xz

ほとんどの猫が触らせてくれる。

DSC_0232

ネコ

DSCN2057

ネコネコ

DSCN2053

ネコ

DSC04240

写真の順番待ちをする俺。

DSC04235

DSCN2055

DSCN2054

なかなか人懐こい。飼われているのも、そうでないのもいるみたい。
飼い猫と野良猫のグレーゾーンに属する者がほとんどのような気がした。日本でもそんな感じの猫は多いけれど。

私は猫を愛でる人を眺めるのも好きなので、みんな笑顔でカメラを向けたり撫でたりしてるのも見れてよかった。あまり人が来なくて猫を独り占めできる場所もいいけど、人が大勢集まる猫スポットも良さがある。ここに来る人に悪い人間はいないみたいな錯覚が起きる(笑)

DSCN2078

台鉄弁当をあっさり見抜かれた。

DSCN2069

いっぽうで、犬はがっちり自由を奪われていた。台湾はふらふらしてる野良犬もけっこういるけど、観光地のせいか繋がれている犬が多い気がした。

DSCN2070

猫は本当にうまくやってる生き物だ。

DSCN2071

壁に描かれた絵もアートしてる。かわいい雑貨も多い台湾、ちょっとしたところにセンスがちらほらと見え隠れしている。

DSCN2073

カフェや雑貨屋もあって、店の中にもナチュラルに猫が入ってゆく。

DSCN2074

おしゃれな猫ギャラリー兼カフェ。猫ビールもあった。

DSCN2084

猫のテーマパークといってもいいかもしれない。暑いのと階段が多いのでけっこうつかれるけどね。

DSCN2086

メシじゃ! 猫の攻撃を避けながら。

DSCN2087

茶色〜〜い、おいし〜〜い。
ビールはここでヒエヒエの売ってます、35元くらいで。

DSCN2090

駅の反対側に出てみた。観光地っぽいぞ。

DSC04280

猫もしっかりいるけど。

DSCN2102

無警戒にもほどがある。

DSCN2129

カフェ。人が席を立つと奪う。

DSCN2130

なにか問題でも?の顔を向けてきて憎々しい。

DSCN2119

おみやげやさんでも堂々と昼寝をしていた(どこでしょう)。

DSCN2123

何か問題でも?の顔を向けてきて憎々しい。

DSCN2105

DSC04282

DSCN2106

DSCN2112

DSCN2116

猫と遊びすぎて猫というものがゲシュタルト崩壊してきたので、帰ります。

DSCN2092

トイレもこの有り様!

DSCN2137

個室にはそれぞれ違う猫の写真が飾られていたよ。

DSCN2100

男子トイレも猫をみながらションベリングできる仕様になっていた。

DSCN2094

今日はこの子の所にしよう!みたいに用を足すのか。

DSCN2148

以上、猴硐猫村でした。

猫好きならべらぼうに充実感のある一日が過ごせるスポットだと思うので、台北からちょっと遠出する甲斐はあると思う。

(ちなみに↑は九ふんの猫です。まあどこにでも猫が大きな顔して居る国です)


【台湾】高雄の港町はカラスミ天国! ベジタリアンのための「菜食カラスミ」も食べてみた

dscn1334

前回の檳榔に続き、翌日。高雄といえばカラスミは外せまい。

フェリーで港町へ。カラスミ店がたくさん! 興奮するわー。

dscn1335

この色艶……。こんな野ざらしにされて欲望に勝てなくなったら困るんだけど。鷲掴みにしてむしゃむしゃしたい。

dscn1341

ぼらのへそ」もある。奥にいるのはオウム。

dscn1345

カラスミ好きのひろぽんとほくほく顔でお買い物。今すぐ食べたい!

dscn1351

ということで、海岸の公園まで歩いていって食べた。潮風に当たりながら食べるカラスミ最高。
こんなパックに入れられるとスナック感覚でいってしまいそうになるけど、塩分がすごいのでちびちびを心がける。帰りのフェリーでもちびちび、ホテルでもちびちび、結局一日中ちびちび食べてるから意味ないか。そして片手には常にビールという……高雄では「歩くプリン体摂取ロボ」となるわけです。

dscn1352

付け合せのニンニクと葉ニンニクと大根。ニンニクの量がすごい。
これどういう割合で食べればいいんだろ。カラスミ1かじりにつき1かじり? 生なんだぜ、このニンニク。
でも合うのでついついかじる。生なのに。

dscn1224

翌日、街なかのスーパーでへんなものを見つけた。ベジタリアンカラスミだ!
台湾には「素食」というベジタリアン的な食文化があって、動物性の食材を使わないレストランも沢山ある。
そういった人たちのためにカラスミに似せてつくったものらしい。

dscn1964

材料は緑豆と植物油。味の想像がまったくできない。
かなり興味深いブツですね。本物のカラスミは珍味の王様だけど、こっちのほうが珍味度は超えていると思う。

dscn1965

真ん中の線が取ってつけたようで泣けてくる。
固さはカラスミよりちょっと固いかも。

さて、味は!?

うーん、カラスミではないな。やっぱりあの濃厚さは豆では再現できまい。でもちゃんと頑張ってる感じではある。
おいしい塩味の豆のおつまみ。これはこれで別のものとしてうまい。
カロリーもプリン体も塩分も気にならないし、けっこうお腹にもたまるし、もちろんお酒のアテにもなるし、よいかもしれない。ダイエットにもよさそう。

以上、台湾高雄のカラスミ天国とベジタリアンカラスミでした。


台湾の合法ハーブ「檳榔(ビンロウ)」を試してきた


2016年1月某日、台湾の高雄にきた。前回の訪問から3ヶ月ちょっと。私が渋谷にいくペースとだいたい同じだ(知るかって話ですが)。

前回の高雄レポ↓

【台湾高雄】3泊4日くいだおれ紀行

 

空港に着いた私たちは送迎バスに乗り、ティッシュの数が尋常じゃない車を見下ろしながら、高雄の中心街へ向かった。

前回はとにかくうまいものいっぱい食べてカラスミにまみれて廃工場でも遊んで満足した旅だった。

今回もそんなゆるゆるの旅の予定だけど、加えてひとつチャレンジしてみたいことがあった。

檳榔(びんろう)

台湾の合法ハーブ!

知らない人のための説明をウィキペディアさんお願いします↓

檳榔子を噛むことはアジアの広い地域で行われている。檳榔子を細く切ったもの、あるいはすり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、少量の石灰と一緒に噛む。しばらく噛んでいると、アルカロイドを含む種子の成分と石灰、唾液の混ざった鮮やかな赤や黄色い汁が口中に溜まる。この赤い唾液は飲み込むと胃を痛める原因になるので吐き出すのが一般的である。ビンロウの習慣がある地域では、道路上に赤い吐き出した跡がみられる。しばらくすると軽い興奮・酩酊感が得られるが、煙草と同じように慣れてしまうと感覚は鈍る。そして最後にガムのように噛み残った繊維質は吐き出す。

道路に吐いた跡が美観を損ねる&落ちにくいということで、紙コップを持ち歩くのがマナーとなっています。

一日目の夜、とりあえず夜市へ繰り出す。猫のパンツと犬のパンツどっちにしようか迷いながら徘徊していると、檳榔の店が現れた。

ふつうのよくある檳榔屋です。

葉に巻かれているタイプと巻かれていないタイプがある。ひとつくださいというと、巻かれていないものをくれた。

生の木の実がむきだしで入っている箱、ゲット。150円くらい。吐き出す用のコップもついてきます。

葉巻きタイプは苦味と渋味が強いので、こちらをくれたのは初心者向けということだと思う。

お店の人が、噛み方をレクチャーしてくれた。

それによると、口に入れて噛んで、1回目の唾液は捨てる。
それからは適当に吐き出しつつ、絶対に飲んじゃだめというわけではない(でも吐きましょう)。実の方は好きなだけ噛んでいてよい。

いざ、咀嚼!

おお、草の香りだ。野菜とかハーブとか食べ物と認識できる青臭さではなく、原っぱに生えてそうな草の味。

おお、苦い、というか渋い!

頭の中で「食べてはいけないものでは?」という警鐘がすこしだけ鳴る。

ちょっと慣れない味に耐えて、こなれるまで噛んでいると、だんだん実が繊維状になってきてガムっぽくなる。
ここで一度目の唾液を吐く。

あ、なんか平気になってきたかも。

おお! 顔に血が昇って、顔だけ熱い感じがする。ちょっとぐわんぐわんしてきた。

面白い! さっきまで変な味のものを食べてたと思ったのに、さわやかな草の香りに包まれて気分爽快。気持ち悪くない、軽い目眩みたいな感じ。

酒に酔うまではいかず、人によっては感じないかも程度の高揚感。ちょっとした眠気覚ましになるというのもわかる。タクシーやバスの運ちゃんも噛んでいたな。

檳榔おもしろい!

しかし、この覚醒効果はものの3分で消える。ほんとあっという間に……

そこが儚いけど、良さでもあるんじゃないでしょうか。

葉っぱに包まれたタイプも買った。柿の葉すしではない。

キンマ葉の内側に石灰が塗られている。石灰を加えることによって効き目がより強くなるらしい。

葉があるぶん青臭さが際立つのでこんな顔になるけど

レッツ檳榔パーリーナイトなのであります。

檳榔屋はいろんなデザインがあって飽きない。

夜になるとネオンがチカチカする店。盛り場っぽい、なんとなく漂うダメ感。

おいしくはないと思う。

ということで、長年気になっていた珍味(?)を試せてよかった。

麻薬の部類ではないので日本への持ち込みはできるけど、種子の持ち込みになるのでそっちのほうで手続きをふまなければならない。
日本では新大久保で2000円くらいで売られていると聞いたことがある。でも情報が少なく、探すのは苦労しそう。JR田端駅前で、上の檳榔の袋が落ちているのを見たことがある。別の日には赤い吐き跡も見た。
山手線の北側エリアは多国籍で中国系の人もたくさんいるから、やってる人がいてもおかしくないか。一粒ください。

 

次回は間違いなくおいしいほうの珍味のことでも書きます。


【台湾高雄】3泊4日くいだおれ紀行

DSCN0583

※ これは2015年9月の旅行を2016年8月に書いたものです

メールチェックしてたら、トラベルコのDMに目がとまった。
「台湾高雄 3泊4日 19,800円」
飛行機、ホテル、燃油込みの4泊でこの値段かー、やっす。

(この一通のDMから無限台湾地獄に陥るとは誰が予想しただろうか)

DSC_1594

とりあえず来てみた。台湾には台北しかないと思っていた。高雄ってどこなのか。

まあ台湾であるならいいかと何も調べないで来てみたら、南部の都市だった。現地のガイドさんいわく、「台北が東京なら高雄は大阪」。わかりやすい説明。ガイドさんも台北に軽い敵対心を持っていたから実際その通りなんだろうと思った。

ホテルは高雄駅から徒歩10分強、線路沿いに位置するホテルだった。部屋が無駄に広くて、窓の外には車庫。高崎線の尾久駅の風景にそっくりで、あまり台湾に来た気がしなかった。高崎線カラーリングの電車とブルートレインみたいなのが停まっててまんまだ。

DSCN0585

尾久に荷物を置いた私たちは、隣駅の夜市にでかけた。お昼発の飛行機でも16時くらいから遊べるので、台湾の近さは良い。

美麗島駅からまっすぐ伸びる通りの「六合夜市」。
ここは観光客向けではあるけど、特に値段が高いということもなく、何より広い通りなので歩きやすい。
両脇にはルーローハン屋などの飲食店もあるので入ってもいいし(台湾の食堂は持ち込み自由な店が多い)、道の真ん中にテーブルと椅子があるので落ち着いて食べることができる。

今まで台湾で5つくらいの夜市にいったけどその中では一番ストレスフリーな夜市だった。暑い国なので熱気もこもらなくていい。

DSC_1600

海沿いの街なので、海鮮が充実していた。値段はちょっと高めあのであまり食べなかったけれど。

DSC_1652

モツ系もあった。けっこうぐろいのもあって随所に中国感あり。

DSCN0586

きれいなカニ。

DSC_1607

きれいなヘビ。
食べようかなと思ったけど、家で留守番している飼いヘビの顔がちらついたのでやめた。

DSCN0590

後日ここで食べたという友人に話をききました。スープがダシが出ていておいしかったそうです。

DSCN0588

台湾の人は猫が好き。日本人より好きなんじゃないかっていうくらい。

DSCN0584

猫も人懐こい。夜市に居座って人に擦り寄っていればとりあえず食べ物には困らなそうだし猫も心得たものである。

DSC_1608

シーフードグラタンみたいなやつおいしかったです。

DSC_1604

六合夜市の良いところはコンビニも道沿いにあるのでビール片手に食べ歩けること。屋台ではビールを売ってないので、お酒が飲みたければ店に入るかコンビニで買うことになる。
士林夜市にもコンビニはあるけど少なかったので、見つけた貴重なコンビニの前で立って飲みつつなくなったら買って…とやっていたのでコンビニ前から移動できなかった。酒飲みってまぬけだな。酒なぞ要らんという人は屋台で酒の数倍おいしい生搾りフルーツジュースを買って歩こう。

あ、でもこの蜂蜜ビールはすごくおいしいです。最初は蜂蜜~? 甘くてくどそう、と思ったけど飲むと「なるほど蜂蜜。甘くないのに蜂蜜の味が濃い」と一瞬でとりこ。

DSC_1599

夜市沿いの魯肉飯屋に入ったら当たりだった。
台湾は暑いけど熱いスープ王国で、魚や魚団子や牡蠣やモツがよく使われているみたい。私が好きなのは貝系。針生姜がいちいちたっぷり入ってるのがいい。

DSCN0600

台南名物、担仔麺。この時は食べなかった。食べればよかった(次回食べました)

DSCN0599

エリンギの唐揚げ。
塩胡椒がきいていてビールのつまみにいいんだけど、なにしろ山盛りくるので後半はちょっと飽きる。でもおいしい。わりと凶悪な感じの揚げ物だけどキノコだから体にいいしまあいいかという気にもなる。日本の縁日にも来ないかな。

DSCN0596

もみじ(鶏の足)。
骨が抜いてあるので食べやすい。これもつまみにぴったりの醤油味のコラーゲン。辛いのと辛くないのがあった。

DSCN0667

大腸包。地元民に人気だった。

DSCN0671

ソーセージが米粉のパンに挟まれている。見た目ほど油っぽくはなかった。

DSCN0714

六合夜市の一番端っこのからすみ屋。
台北の夜市ではあまり見ないので嬉しい。港町やね。
おみやげ用の真空パックもあるけど、夜市らしく食べ歩くようのからすみもある。

DSCN0595

すぐ食べられるカジュアルスタイルのからすみが50元! これを食べながら歩いていいのであるよ。からすみなのに。高級食材なのに。

DSCN0715

なんだろうこれ、と思ったら、「ボラのへそ」だって。へそってなんだと思ったら、「胃」らしい。からすみは卵巣、これは胃。
ボラもいろいろ大変ね。

しかしこれがめっちゃおいしかった。すごく固いけど、旨味がぎゅーっと固まってるかんじ。
塩が結構濃いのでこれもつまみですな。1パックあっという間に食べちゃった。
「ボラのへそ」、かなりの珍味度だった。

DSC_1617

憧れのからすみがどっさり。おみやげではなく現地消化分でこの量。400元(約1200円)だったか、安〜い。バチがあたらないか心配になる。
からすみは日本酒のお供だと思いがちだけど、蒸し暑い中塩気の強いからすみと蜂蜜ビールは最高。からすみをむしゃむしゃ、ビールをぐびぐびって感じで飲み歩けるのは台湾ならではだ。

DSCN0602

翌日は蓮池潭(れんちたん)にいってみた。
高雄では一番の観光地かもしれない。

しかし、すごく上野っぽい。
目隠しされてここに連れてこられたら、不忍池にへんな塔ができてる! と思うのでしょう。

DSCN0604

龍の口から入って虎の口から出ると厄払いできるといわれている。
信心深い台湾人が真面目に作ったのだろうけど、チープさびんびんで間抜けな感じが良い。

DSCN0607

後ろ足、ふんばってる。

DSCN0609

みんな口に吸い込まれていく。

DSCN0611

鳩が張り切っていた。

DSCN0615

虎の塔から見た龍の塔。

DSCN0624

ピンク色で歯医者さんに褒められそうな虎の歯茎。

DSCN0634

虎から吐き出された私たちは、池沿いの通りを歩いてみることにした。

DSCN0636

寺がそこら中にある。

DSC_1624

キメキメポーズの狛犬。

DSCN0627

お寺の中は涼しい。お参りをしながら歩いていく。

DSCN0635

10元(約30円)ショップだ。ちょっと覗いたらガラクタばかりで心躍った。買いたいものはなかった。

DSCN0633

食堂があるので食べていこう。

DSCN0629

台湾はスープのメニューが豊富なのは、汗をかくからしょっぱい汁がほしくなるのかな。現に私もこっちではスープばかり飲んでいる。

DSCN0628

おかずも美味しそうなものばかり。デリだ。

DSCN0631

角煮ご飯と魚のスープ。スープは自分で味付けをする。わさび醤油をつけてくれた。
暑い中、あつあつのスープをすすってさらに汗をかくのが快感になってしまっている。

DSCN0638

台湾には犬が多いですね。ぱっと見野良犬か飼い犬が放たれているのかわからない。この子たちもとある男性が現れると寄っていっていた。でかい犬と出会ったりするとちょっとびっくりするけど、人を襲ったりはしなさそうな人の良い犬ばかりであまり心配はしてない。

DSC_1626

MRTに乗ってやってきたのは、砂糖の廃工場。

DSC_1627

一応博物館というくくりだけど、本当にただの廃工場がそのままそこにある。

DSC_1628

廃工場を見せるのだから手を加えないでいいといえばいいけど、入っちゃだめなところに入ってるような感じでドキドキする。

DSC_1631

DSC_1632

操作室もそのまま。ボタン押しても何も起こらなくてちょっと安心した。

DSC_1633

ほとんど柵も施されてないので、どこでも入り込める。
台湾でかくれんぼするならここです。

DSC_1635

ロッカーかな。当時のものなのか、びりびりの書類とか入ってる。

DSC_1636

書類が散らばっているのもディスプレーなのか(たぶんちがう)

DSC_1637

人っ子一人いなかったけど、コスプレイヤーの撮影みたいなことをしているグループが一組。奇抜なファッションで花束を持った女の子とカメラマンがいました。なるほど、ここは撮影にいいね。

DSC_1650

ということで、廃工場をすみずみまで探検したので帰ります。

二日目終了。

DSC_1654

ここから三日目です。高尾から列車で屏東(ピンドン)へ。
車窓からみえたアヒル牧場。

DSC_1654a

すごい頑張って撮ったけどこれが限界だった。

DSCN0680

屏東駅前の夜市。ローカルな夜市で、派手さはないけどよいかんじ。

DSCN0686

おれはここのジーロー飯屋でなにかを食べようと思う。

DSCN0683

麺にしてみた。麺線とは違ってさらさらのスープ。鶏肉のだしがおいしい。

DSCN0682

猫どものアツい視線が刺さる。

DSCN0687

店の人から屑肉をもらっていた。よかったね。カウンターみたいになってるけど。

DSCN0677

駅前のお寺でお参りして、バスに乗る。

DSC_1657

バスで1時間、山の方に来た。
山地門というところにある「原住民文化園区」。台湾原住民の博物館兼テーマパークのようなところで、目玉は歌と踊りのショーらしい。
(私にはちょっと面白みがわからないかんじだったので割愛します…)

DSCN0689

帰りの車窓でもアヒルが気になって待ちかまえてしまう。

DSCN0689a

これが限界だった。

DSCN0692

高雄駅に着いてから入った食堂。真鍮のテーブルが並んでいてクール。

DSCN0691

牡蠣の湯と魚の湯、肉飯。味の薄いスープに入れて調整する調味料は、お店ごとに違う。
ここは醤油味の味噌?みたいなやつ。

DSCN0695

飲んでおかなくてはいけないのがマンゴー牛乳。
メニューの「〜牛奶(牛乳)」をみると色々あるけど、やっぱり牛乳と合わせるのはマンゴーが一番と思うのよ。
寒い季節にはないけど、今回(9月)は飲めました。

DSCN0696

ミキサーでガーッとやって蓋をシールしてくれる。こぼれなくて便利。
このでかさで40元(約120円)という安さ。

DSCN0700

牛乳ベースなので重めではあるけど、吸引を止められないうまさ。一点を見詰めるような怖い顔になってるけど本当にこういう顔になるからな。

DSCN0706

夜は瑞豊(ずいほう)夜市へ。六合夜市は観光客向け、こちらはどちらかというと地元の人がいく夜市ということになってるらしい。
六合は歩きやすかったが店の数はこちらに軍配。ただすれ違うのもやっとなくらい店がひしめいていて熱気がすごい。そのうえ雨が降ってたのでけっこう大変だった。テントの谷間から雨水が通路に注ぎ込まれる。

DSCN0705

早々に席のある店へ避難した。

DSCN0709

カニですね。

DSCN0708

ステーキ。これがなかなかうまかった。110元(約330円)くらいだったか。

DSCN0710

帰りにヒシの実やさんが! ベトナムではじめて食べた時に面白くて感動したやつだ。

DSCN0712

悪魔のようなビジュアルだけど、見た目ほど怖い食べ物ではない。
割るときにちょっと手を怪我しやすいくらい。

DSCN0716

あらかじめ切れ目を入れてくれているので簡単に割れる。
みずみずしい栗のような可食部分が出てくるので食べると、みずみずしい栗のような味。
塩水で茹でてあるのだと思う。淡泊だけどほんのり甘みがあるでんぷん質。めちゃくちゃうめえっていうんではないけど、割るのがとまらなくなる味。

DSCN0601

ホテルで食べていたのはひしの実とからすみ。
ちょっと塩分とりすぎかもしれないけど、暑い国なのでまあいいか。

DSC_1661

ちょうど福山が結婚したので、ずっとニュースでやってた。
「日本の主婦はご飯を作らなくなり、OLは会社にいかなくなる」って見出し、日本の女性ツイッタラーが書いてることを鵜呑みにしてるふしもある。

DSC_1602

コンビニで見かけてかわいくて買った、2WAYのマニキュア。猫の胴体を回すとブラシで、首を取ると細いペンになってる。
手軽にネイルアートができるというわけです。

DSCN0734

以上、台湾高雄の旅でした。

家に帰ってからボラのへそをちびちびつまむ。
台湾、毎月いきたい。

思いのほか長くなってしまった。最後まで読んでくれてありがとうございます。

こういう海外旅行のだらだら日記、また書きます……